専門学校でコーヒーマスターを目指そう~憧れのカフェ経営の道~

カフェ

コーヒーのスペシャリスト

バリスタという職業

女性

バリスタという言葉は聞きなれないと思いますが、業界に働く人々の間では重要なポジションとして知られています。 バリスタとはカプチーノやエスプレッソといったコーヒーのスペシャリストのことを言います。あまり聞きなれない職業ですが、大手コーヒー店などには欠かせない存在となっています。 そんなバリスタを育てる専門学校が日本にはいくつか存在します。コーヒーといっても種類は様々あり、それらを味や香りで見分ける技術も必要となります。 紅茶を好む人も多いですが、やはりコーヒーを好む人も多くバリスタになりたいと希望する人が毎年現れます。 バリスタの専門学校は数が少なく、月謝も若干高いように思われますが、職業の希少性や学ぶ技術の内容を考えれば妥当な金額だと思われます。

大手チェーンの進出により

近年日本にはコーヒーショップの大手チェーンが続々と進出しており、バリスタ達は専門学校を卒業した後、そういったお店へ就職します。 バリスタと呼ばれる職業が増え始めたのは最近になってからであり、昔の日本ではまったく存在しない職業でした。 近年その人気が高まり、バリスタを育てるための専門学校がいくつか建設されました。当初はあまり働き口が少なかったのですが、大手チェーンの進出によって働く場所を得ることができました。 そしてコーヒーの種類も豊富になり、専門知識を持った人間が必要になったこともバリスタが増える要因となりました。 今後はさらにバリスタの人口が増え、日々様々なコーヒーが楽しめるようになると思われます。